カナガンキャットフードはトップクラスに安全性の高いフード。

前回の記事でカナガンキャットフードのステマにつて触れて、評判や口コミについてまとめました。

今回は良い口コミの中でも多くの方に評価されていた安全性について詳しく記載していこうと思います。

カナガンキャットフードの安全性

カナガンキャットフードはフードを食べる猫の安全を考えて原材料に様々なこだわりがあります。

こだわりその1 穀物を使わずグレインフリーのキャットフード

人間の暮らしというのは時代によって色々と変化していきますが、猫が求める栄養素というものは昔から一貫して変わっていません。

カナガンキャットフードは猫が本来求めるであろう栄養素に注目した結果がグレインフリーだったそうです。

カナガンキャットフードを生産する時に使用しているレシピは「完全に穀物不使用」で原材料は全て猫が栄養を摂取できるものだけを選別しているようです。

ものすごくこだわって原材料を選んでいるのがわかりますね。素晴らしいです!!!!

もちろん原材料のこだわりはこれだけではありませんよ。

こだわりその2 使用している原材料はヒューマングレード

なんとカナガンキャットフードで使っている材料は人間用の食品工場で作られていたんです!

ということは私たちが食べても問題ない品質のものが使われているわけなんですね。

キャットフードやドッグフードなどのいわゆるペットフードに、人間が食べられる品質の原材料が使われているのは中々珍しい事なんです。

ペットフードの品質の基準は人間の食品の基準と比べるとかなりゆるいのが現実なんですよね。

なので多くのペットフードは原材料を安くするために、質の悪い肉や廃棄するような肉を使っている物が多いです。

そんな中でカナガンキャットフードは販売価格が上がっても、フードを食べる猫の健康面や安全性を優先して原材料はヒューマングレードのものをこだわって使っているんですね!

こだわりその3 人口添加物は一切使っていない

ここまででも充分すぎるほど安全性へのこだわりは伝わったと思いますがこれだけではありません!

なんとカナガンキャットフードには人口添加物が全く使われていないんです。

公式サイトのよくある質問の所に記載されていますが、カナガンキャットフードはフードに人口添加物は必要ない物と考えているようで使用していないみたいですね。

私なりに考えてみたのですが。

必要ないと言い切れるのは原材料の品質に確固とした自身があるからだと思います!

そもそも香料や着色料はどんな時に使うのかを考えると、香や見た目が悪いものを良く見せるために使いますよね?

ということは原材料にこだわって、新鮮で高品質なものを使っているカナガンキャットフードは香やみためを加工する必要がないくらい完成度が高いので使う必要がないんですね。

工場でも徹底した品質管理をしている

なんとカナガンキャットフードの安全性へのこだわりは原材料だけではありませんでした!

カナガンキャットフードが作られている工場は欧州ペットフード工業連合という団体が定めたかなり厳しい基準をクリアした安心の施設で、原材料の仕入れから生産、最終製品の管理までトレーサビリティーを徹底して安全で安心のキャットフードを愛猫家に提供しているようです!

原材料だけではなくそれを使ってフードを作る工場も高い評価を受けた工場で、徹底した安全管理の元生産しているんですね。

生産工場で行われている安全管理

それでは実際に工場で徹底しているという安全管理について詳しく見ていこうと思います。

安全対策その1 高い技術と安全性を誇る製造ライン

イギリス産にこだわった新鮮な材料を絶妙な配合でブレンドして、素材本来の栄養を損なわない独自の製法で加熱処理され、製造ラインのいたるところにカナガンキャットフードのこだわりが感じられます。

カナガンキャットフードを生産している機械はハイクオリティなもので、さらにこの製造ラインの全体は常時モニターで監視されているみたいです。

これなら何かトラブルがあってもすぐに発見できるのですぐ対応できますね!素晴らしい。

安全対策その2 2回の品質テストで、原材料も製品も厳しくチェック

人間とは異なって、ほとんどの場合猫は同じキャットフードを一生食べ続けることになります。

なので原材料に有害物質が含まれていたとするとかなりの悪影響という事になりますよね。

そのためにカナガンキャットフードは厳しい倫理観を持って充実した設備を利用したキャットフードの品質テストを行っているようです。

最初の品質テストはメーカーから原材料が届いた時です。

原材料の一つ一つを製造のたびに色々な角度から検査してチェックします。

そして第二の品質テストは製品の完成後です。

なんと製造後のカナガンキャットフードを3mmまで粉々に砕いて、専用の特別な機械でスキャンするそうです!

そしてスペクトラムで分析された成分をあたかじめ登録されたデータと照合して、もし異常があった場合は即座に検知されるようになっているみたいです。

これらのチェックを品質検査官というエキスパートたちが日々行っています。

全てのパッケージに刻まれた信頼の証製造番号と出荷後の追跡システム

カナガンキャットフードはパッケージに記載されている番号によって、それぞれの原材料の仕入れ先や日時までを完璧に把握しています。

完成した製品には一袋一袋製造番号が付けられて、その番号を利用することによって生産日はもちろんですが、それぞれの原材料がいつどこから来たのかまでを完璧に把握することができるそうです。

製造番号でそこまでできるとは驚きですよね!

このようにカナガンキャットフードは原材料はもちろん、生産する工場まで徹底的に安全性にこだわった、飼い主が安心して与えられるフードという事がわかりました。